世界三大紅茶の違い

インドが原産地のダージリン、スリランカが原産地のウバ、そして中国が原産地のキーマンは、世界三大紅茶と呼ばれており、知名度が高く、世界中の多くの人々に飲まれている紅茶の種類です。

ダージリンティーの茶樹は、インドのヒマラヤ山麓に位置するダージリン地方に位置する標高2000メートルの高地の斜面に植えられています。

このように標高が高い斜面では、昼間と夜間の寒暖差が激しい為、霧が発生しやすいのですが、この霧がダージリンの味と香りを作り出すには、欠かせない条件となっているのです。

ダージリンは、さわやかな味わいの紅茶ですので、抽出時間を長めにして、ストレートで飲むのが適しています。

また、紅茶専門店KHORAでも扱っている、最高級ダージリンは、『紅茶のシャンパン』とも言われています。<a href=”http://www.khora-tea.com/products/list.php?category_id=7″>紅茶ギフトセット</a>は紅茶好きの方に贈ると大変喜ばれるでしょう。

2つ目のウバティーの茶樹は、スリランカの南東部にあるウバ地方の高地にあり、こちらもインドのダージリン地方と同様、霧が発生しやすく、この霧によって花香と明るい赤みの強いオレンジ色の濃い紅茶となるのです。

ウバティーは香りが強いので、香りを楽しみたい人はストレートで、また、ミルクとも相性がいいのでミルクティーでも楽しむことができます。

3つ目のキーマンティーは、中国産の古典的な紅茶で、上海の西に位置する安徽省礽門県で生産されています。

生産される期間は、6月から9月の3か月と、他の紅茶と比べて非常に短いことから、生産量が少なく、収穫シーズンがピーク時となる8月に摘まれた茶葉には、かなりの高値がつくことも珍しくありません。

キーマンティーの独特なスモーキーフレーバーを楽しむ為にも、ストレートで飲むことをおすすめします。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.